読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utopia1の日記

お小遣い稼ぎや趣味の鉄道旅行記、スマートフォンなどのガジェットネタを雑多に書いています。

あおなみ線 & 愛知ブックオフめぐり

今日は1日自由なので、ちょっと遠出して、愛知県に行ってきました。
目的は未乗のあおなみ線と地下鉄名港線制覇とブックオフめぐりです。


朝8時に自宅を車で出発。
高速で行けばあっという間ですが、休日1000円といえどもその分、本を買いたいので、一般道で行きます。
快調に浜名バイパス、国道42号線を飛ばしますが、国道23号線が渋滞・・・結局10時きっかりにブックオフ蒲郡旭町店。

以下2冊@105円。
ロバート・キヨサキ 金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる
ロバート・キヨサキ 金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育


ここから県道を経由して、また国道23号線。こちらはかなり快調で、まるで高速道路です。
ちょっと道の駅で休憩。

ガソリンが空になりそうなのでガソリンスタンドを探しますが、高架のため、なかなか無く、迷ってしまい、さらに渋滞にはまり、時間をかなりロスしてしまいました。
12時半についに到着!ブックオフ・カインズモール名古屋みなと店です。

ですが、店内はちょっとお預けで、徒歩で地下鉄名港線・名古屋港駅へ向かいます。
実にいい天気!

なんか廃線跡っぽくて怪しい・・・

と思ったらこの一部でした。

20分ほどかけて到着。



早速名港線に乗り、栄で乗り換え名古屋駅へ。

そして本日のメインイベント、あおなみ線に乗ります。



JR名古屋駅の隅っこを間借りしており、JRのホームが見渡せます。

昼間ですが、席は満席で出発。
関西線や貨物線と平行しており、車窓に飽きません。
終点金城ふ頭に到着。

ここが終点。

きれいな駅です。

終点は外から見るとこんな感じ。

すぐに折り返します。
名港トリトン

さすが愛知。

稲永駅に到着。

ブックオフ・カインズモール名古屋みなと店です。広い!

うわさの新刊書店です。

大型店は同じ本を数冊棚に入れて埋めているところが多いですが、ここは品揃えはいいようです。ここでは以下の2冊@105円。
小林泰彦 にっぽん町工場遺産 (日経プレミアシリーズ)
枡谷 克悦 企業価値評価の実務


次は名古屋大宝店。2冊@105円。
芳崎 せいむ うごかし屋 1 (ビッグコミックス)
これは目を疑いました。出たの半年前ですよ・・・
岡崎武志 あなたより貧乏な人



続いて熱田国道一号店。4冊@105円。

週刊鉄道の旅 NO.3
週刊鉄道の旅 NO.4
出久根 達郎 人さまの迷惑 (講談社文庫)
やっと105円で発掘!
北尾 トロ ほんわか! 本についてわからないこと、ねほりはほり! (MF文庫ダ・ヴィンチ)
先々週リニューアルオープンしたばかりだったので、期待していましたが、いまいちでした。一番びっくりしたのが、雑学系の文庫の棚が2回繰り返されていたこと。説明しにくいのですが、岩波、ちくま、PHPなど一通り並んだあと、また岩波、ちくま、PHPが並んでいるという状況。本が足りていないのでしょうか。


その後、かりがね店、刈谷高倉店に寄りますが、いずれもスカ。
私の持論として、「周辺の住宅地が裕福だと本の質がよい」というのがあります。
刈谷は天下のデンソーのお膝元なので、期待していただけに、がっかりです。
途中の道の駅でお土産にえびせんを購入。助かります。


消化不良なので、予定を変更し、豊川諏訪西店へ。これがビンゴ!
2冊@105円。どちらもブックオフではじめてみました。
中西 隆紀 幻の東京赤煉瓦駅 新橋・東京・万世橋 (平凡社新書)
実相寺 昭雄 昭和電車少年 (ちくま文庫)


豊川からは国道362号線で一気に浜松へ。途中の本坂トンネルは以前は有料でしたが、2008年に無料開放されたそうです。
ほとんど信号も無く、順調に市街地へ。偶然にも(笑)途中2件ブックオフがあるので、デザートに。


浜松初生店
小宮 一慶 ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)


浜松高林店
渡辺 和敏 東海道の宿場と交通 (東海道双書(2))

自宅に着いたのは夜の10時。くたくたですが頑張って更新しました(笑)