読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utopia1の日記

お小遣い稼ぎや趣味の鉄道旅行記、スマートフォンなどのガジェットネタを雑多に書いています。

「本」はどうなるのか

こんな記事がありました。
蔵書2万5000冊の男が断言 小飼弾「紙の本は90パーセント消えます」

ちょうど古い東洋経済のアマゾン特集が手に入ったので、読んだところで、さらに偶然にも岡崎武志さんも同じような話題を論じられていて驚きました。

「9割の本は消える」というのは大げさではないような気がします。
ブックオフに行くと思うのですが、売れたとは思えない本がどの店にも必ずあるということがあります。一方で、ベストセラーになったような本がなかなか見つからないということもあります。
「いい本」はなかなかブックオフ出てこないのです。
こういった「いい本」はきっと紙の「本」として残るでしょうが、ブックオフによくあるような読み捨てられる本は電子化されて読み捨てられていくのでしょう。
基本的には電子ブックで読んで、これは手元に置いておきたいと思うものだけ簡単に本として出力できれば便利なんですが。