読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utopia1の日記

お小遣い稼ぎや趣味の鉄道旅行記、スマートフォンなどのガジェットネタを雑多に書いています。

千葉・新潟ローカル線の旅  二日目後編(弥彦線・上越線・湘南新宿ライン)

                                    • -

※8/17の日記です。

千葉・新潟ローカル線の旅 一日目前編(小湊・いすみ)はこちら
千葉・新潟ローカル線の旅 一日目後編(銚子電鉄ムーンライトえちご)はこちら
千葉・新潟ローカル線の旅 二日目前編(新潟近郊区間越後線)はこちら

                                    • -

弥彦駅から弥彦線東三条へ向かいます。


小腹がすいたので、ちょっとおやつを。
タクシーの運転手さんに名物を聞いたところ、パンダ焼きというのが最近はやっているとのこと。
弥彦神社から弥彦駅へ向かう広い道に面していますので、わかりやすいと思います。

一時期はやった白いたい焼きに似ています。

餡は特産の枝豆を使ったずんだ風。枝豆の風味が濃厚でなかなかでした。
これはタクシーに乗らなければ知りえなかったです。聞いてよかった。

タクシーで15分の道のりを10分もかからずに本日3度目の吉田駅。


越後線から乗り換えてきたらしき、隣のボックスシートに座った高校生が、「あの人朝も乗ってなかった?」とひそひそ話。
1回目の吉田駅通過が8:34、今が12:29ですので、時間的にはありえます…
変人がお邪魔してすみません。

新幹線駅のある燕三条で乗客がごっそり降りていきました。周辺はイオンなどの郊外型商業施設が立ち並び、佐久平駅とダブります。
そして終着東三条

すぐの乗り換えで長岡行に乗車。

特に印象に残ることもなく、長岡駅へ。


長岡駅は城跡に建てられているそうです。広島の福山駅も一部が城跡でしたが、真上に駅ができたのは珍しいような?

この先短時間の乗り継ぎとなるため、腹ごしらえ。
近くの小千谷がへぎそばの発祥と聞いていたので、そばには期待したのですが…期待した私が悪うございました。

次は水上行。これを逃すと、今日中に浜松へは帰れません!
周りにも明らかに18きっぱーな方が多数。



途中、JR線で最も長い名前の旅客駅、「上越国際スキー場前」を通過。

国境の長いトンネルをいつの間にか抜け、水上駅




途中、激しい雷雨となりますが、無事定刻に高崎に到着。

ここで一度やってみたかったことをしたいと思います。
それは長距離グリーン券の旅!ちなみに最長は沼津〜黒磯(東北線)の289.5kmのらしいですが、今回は235km。乗車時間は4時間15分ほど。それでも新幹線だと東京から広島に行くぐらいの時間ですね。それがたったの950円!睡眠にはもってこいです(笑)

まずは湘南新宿ライン国府津へ。ちなみに上野・東京経由だと通しでグリーン券を使うことはできません。お気を付けを。


高崎出発の時点ですでに半分ほど埋まりました。


まずは2階席に座ります。

早速優雅に駅弁を…と思いましたが、グリーン券で散財していますので、コンビニ弁当で我慢。

新宿あたりまでは覚えているのですが、気づくとすでに平塚を通過。終点の国府津で沼津行を待ちます。



今度は1階席へ。当然問題なく先ほどのグリーン券が使えます。

いつの間にか寝ており、すぐに沼津到着。

静岡で乗り継いで浜松へは23時52分の到着。


18きっぷの1日分の有効期間ギリギリまで使いました。

8/16の5:34から8/17の23:52まで、1日と18時間18分ぶっ通しで乗り続けました。しんどかった…
それでもまた乗りたくなるんですよね(笑)