読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utopia1の日記

お小遣い稼ぎや趣味の鉄道旅行記、スマートフォンなどのガジェットネタを雑多に書いています。

FDA(フジドリームエアラインズ) 静岡=熊本線を8月から運休


FDA、熊本線を8月から運休 被災地支援、利用低迷で(静岡新聞)

                            • -

フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区、鈴木与平社長)が毎日1往復運航している静岡―熊本線を8月から運休する方針を固めたことが、30日分かった。東日本大震災被災地支援の一環として東北地方の新規路線に就航することや、熊本線の利用が伸び悩んでいることなどを踏まえ総合的に判断した。
 FDAは、運休する場合6カ月前までに国土交通省に届け出る「6カ月ルール」に従い、1月に熊本線の運休を視野に入れた運航計画の変更を届け出た。今月までの利用状況などをみて最終判断する方針だったが、運休回避に至らなかった。7月は週4往復に減便することも決めている。
 復興支援を目的とした東北地方の新規路線は、今月21日から小牧(愛知県)―花巻(岩手県)線を運航。7月からは小牧―青森線も就航する。両路線とも7月までは週2〜3往復程度の運航だが、8月からは毎日1往復する。これにより機材繰りが厳しくなるのが、熊本線運休の要因の一つになったとみられる。
 一方、熊本線の2010年度の搭乗率は42・4%。昨年12月〜4月の月別は30%台だった。5月は黄金週間と県の支援策の相乗効果などで大幅に向上する見込みだが、当初期待したビジネス需要や熊本側からの利用客の開拓は十分にできなかったのが実情だ。
 利用拡大を狙いに、川勝平太知事が今月中旬に熊本県を訪れ、同県の蒲島郁夫知事と交流拡大で合意したばかり。蒲島知事からは、大規模災害時の空路を活用した支援も念頭に防災協定締結の提案もあったが、運休は両県の今後の交流に影響しそうだ。
 熊本線はFDAが2009年7月の静岡空港就航と同時に運航を開始した3路線の一つ。このうち、既に小松線は3月下旬から運休している。

                          • -

2011年8月1日以降の路線便数計画を決定、2011年8月1日〜8月31日ご搭乗分の各種運賃を届出(FDA プレスリリース)

プレスリリースではひっそりと書かれています。


予想していたといえ、正式に発表があると、やはり残念な気分になってしまいますね。

下の写真は浜松駅近くの浜松科学館にある看板です。
どうなってしまうのでしょう?



「熊本空港」についてもっと詳しく!(amazon)