読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utopia1の日記

お小遣い稼ぎや趣味の鉄道旅行記、スマートフォンなどのガジェットネタを雑多に書いています。

豊橋鉄道渥美線 スタンプラリー

ゴールデンウイークの休みは9日まであるのですが、1日自由なのは今日だけです。

ちょっと思い立って豊橋鉄道渥美線に乗りに行くことにしました。

ちょっとその前にブックオフ高林店へ

欲しいと思っていたのですが、なかなか出てこなかったので、半額ということでつい買ってしまいました。@225円
日本鉄道旅行地図帳増結乗りつぶしノート

こちらはブログの勉強用@105円
勝間和代 目立つ力 (小学館101新書 49)

浜松から車を飛ばし豊橋へ向かいます。
まず目的地はブックオフ豊橋店。
買い物をしてちょっと車を置かしてもらいます。@105円
森 三樹三郎「名」と「恥」の文化 (講談社学術文庫)

歩いて南栄駅へ。

1日乗車券を買うと、スタンプラリー用紙をもらいました。

まったく知らなかったのですが、こういうのをやっています。
豊鉄 渥美線・市内線 スタンプラリー2010春
渥美線のスタンプ配置駅は、柳生橋・高師・大清水・三河田原の4駅です。
このうち三河田原は駅ではなく田原まつり会館という駅から徒歩5分の場所に置いてあります。
今日は祝日ということでやっていましたが、本来は月曜休みだそうなのでお気をつけください。

単純に往復する予定でしたが、これは参加するしかない!
南栄駅は行き違いができない駅なので、先に列車が来た方向へ行くことにします。
下りの三河田原行きでした。
とりあえず高師はスルーして大清水へ。

スタンプを押して次の列車を待ちます。
昼間の時間帯でもちょうど15分間隔で列車が来ますので、さほど退屈な時間はないです。
次に来た列車は標準の塗装ではなく菜の花仕様でした。

終点の三河田原です。

昼間の時間帯はすべての列車が折り返しまで12分停まっています。
パンフレットによればスタンプのある田原まつり会館までは徒歩5分となっていますが、スタンプを押して戻ってきても充分折返しに間に合います。
ただ、私は写真を撮っていたおかげでぎりぎりになってしまいました。

次は高師です。

ここには車庫があり、暇をつぶせました。

次に来たのは緑の塗装です。
茶臼山高原芝桜祭りに合わせたカラーリングだそうです。

最後のスタンプ設置駅、柳生橋です。かなり古い建物でした。

ここから渥美線の起点、新豊橋へは歩いて10分程度で行けました。
次の列車は15分後なので、歩いたほうが早いと思います。
線路に沿う道を探して歩けば迷うことはないと思いますが。夜は控えたほうが良いかもしれません。
豊橋へ到着したところで、あることに気づきました。
最後の柳生橋でスタンプ押してない・・・
まさかの失態です。
とりあえずいったん南栄まで戻り、車で柳生橋へ行くことにしました。
もともと市内線のスタンプラリーは車で行くつもりでしたのでなんとかなりました。(スタンプラリー用紙はどちらかの一日乗車券を買わないともらえませんが、必ず一日乗車券を使わなければいけないといった文言は書かれていませんでした)
ミッションコンプリート!



市内線もやろうと思ったのですが、一箇所博物館の中にスタンプがあり、すでに今日は閉館してしまったとのこと・・・
今回はスタンプラリーは参加できませんでしたが、乗りつぶしに来ようと思います。

帰りもブックオフ行脚。
豊橋東店
立花隆 ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)
宮脇俊三 乗る旅・読む旅 (角川文庫)
これはダブりですが、カバーが新装版だったので。
・湖西店
今 柊二 定食学入門 (ちくま新書)
ヨーロッパの超特急 (文庫クセジュ)
北尾吉孝 何のために働くのか

20時に浜松に帰ってきました。今日は早く寝よう。


追伸・今日のBGMはもちろんこれ
なぜかって?詳しくはこちら